読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

umimachi diary

東京在住27歳・海街移住計画。旅行・家電・グルテンフリーについてなど。

購入か賃貸か問題…というか関係性についても考え直したい。

移住 国際恋愛・結婚

昨年末に熱海旅行に行ってから、海街に住みたい熱で盛り上がっている私たちだったが。

umimachi.hateblo.jp

 

お正月に実家に帰り、両親と話していて、「身分不相応の住宅ローンは絶対に組んではだめ!」と言われて、少し冷静になった。。。

 

完全に逗子ハイだった私たちは、35年ローンを組まないと買えないような物件ばかりを見ていた。

しかし、彼は外国人。

貯金は多少あるけど、家をキャッシュで買えるほどではない。

それに、彼は今の会社ではまだ勤続年数も少ない。

そんな永住権も信頼もない外国人に、日本の銀行が大金を貸してくれるわけがない。

夢と理想ばかりが膨らんでいた私は、ハッとした。

 

買うとしたら、無理のない範囲内でないとだめだ。

彼は難病持ちだから、いつ働けなくなるかもわからないのに、35年ローンなんて…。

先のことはどこの家庭でもわからないけれども、国際恋愛カップルでもある私たちにはあまりにもリスクが高すぎる。

 

【住宅ローン=借金】という認識が、自分の中で少し甘かった気がする。

 

今日は彼とその辺についてよく話した。

結婚、住宅についての話をしていた時に、彼のふとした本音が漏れたというか。

彼は現実主義者だということは昔から知ってたけど、本当に打算的な考えすぎて、私は引いてしまったのだ。

本気で怒って、嫌いになって、話し合いをして、彼も反省して謝ってはいたけど…。

この人と結婚していいのかな…と思ってしまった。

海街移住どころか、まず彼と別れようか本気で悩むという初歩的なところに戻っている状態(笑)

 

どちらにしろ、私たちが今検討している高めの物件の購入については、やめようと言う話をした。

考えがコロコロ変わる私たちが日本に定住するかわからないし、35年ローンで縛られるのは馬鹿らしくなったのだ。

賃貸だと家賃は掛け捨てで、自分の資産にはならないのがもったいないと考えていたけど、たったそれだけの理由で購入を決めてはいけない。

35年後のことなんて、まだ全然見通せてもいないのに。

 

住宅を購入する時は、キャッシュか現実的な額のローンで、ということで一旦話し合いは落ち着いた。

私が考える今後の選択肢。 

 

  1. 逗子で賃貸をする。
  2. 東京で賃貸をする。
  3. 彼に出て行ってもらい、別々の道を歩む。

 

1.については、今私たちは都内の私の社宅に住んでいるため、家賃は激安である。

場所もとっても都会で便利すぎる場所だ。

丸々生活拠点を逗子に移す…という選択もあるが、私はできることならこの安くて便利な社宅はキープしたい。

だから、彼に逗子の1Kでもいいから借りてもらって、東京の拠点も残しておきたいのだ。

 

ただ、今の場所を残していたら絶対に逗子へ行く頻度は少なくなるだろうし、そしたらあまり意味もないよな…。

賃料を払うよりも、Airbnbで週末好きなとこに行った方が気楽だ。

でも、もし来週逗子に2泊して本当にここでの生活を始めてみたいと思ったら、このトライアルはとても良いと思う。

買うより、まずは賃貸で住んでみた方がいい。

1年でも住めば、私は満足して他のものを求めてしまう気がする。

 

私はいつだって無いものねだりだ。

埼玉の実家に住んでいた時は大都会にあこがれ、大都会に住んで5年経った今は、自然を求めている。

私の考えは、1年後絶対にまた変わるだろう(笑)

だから買うよりも、まずは賃貸で住んでみるべきだ。

 

この考え方について、彼は「2つの家賃を払うなんて無駄だ。」と言っている。

「今住んでいる社宅は私が払うから、あなたが逗子の物件を借りればいいじゃん?東京のマンションより安いし、あなただけ住所移せば会社から定期代も出るでしょ。」

というような言い方をしてしまったため、大喧嘩した後だったから、彼はとても不安がっているのかもしれない(笑)

でも、東京で1つの賃貸マンションを借りるのとコストは同じくらいなんだよね。

 

2.については、至ってノーマルで当然な考えだ。

二人とも都内に勤めてるんだから、通いやすい都内の他の物件に引っ越すのは当たり前のこと。

今住んでいるところは私の社宅の1Kの一人用の部屋だ。

ボスにお願いして彼も一緒に住まわせてもらっているが、一部屋しかない狭い空間で一緒に暮らすのは、本当にストレスでしかない。

よく一年半も我慢していると思う(笑)

この当然の発想が彼の頭からすっぽり抜けていたようで、今日話し合いをしてから、彼は都内の賃貸マンションを調べ始めた。

ノーマルで行くなら、これが妥当だな。

 

でも、正直今は彼に冷めすぎてなんだか乗り気になれない(笑)

別れれば、私は今の社宅に一人で住めるしね、というのが3.の考え方です。←

なんなら、1.すらも3.寄りの考えだな\(^o^)/(笑)

 

周りがどんどん結婚してくし、彼とは付き合いが長いから、今さら別れるという勇気もなく、今年は結婚だなと思ってたけど…。

実家に帰った時に、昨今の自分の老いについて両親と話していて(←切ない)、

「私も今年28だし、そろそろ結婚でもして落ち着くかなあ。」

と言ったら、

「そんなことない。別に相手は彼じゃなくてもいいんじゃないか?」

と、なんだか全然応援してくれていないし(笑)

 

今回のこともあるし、もう一度よく考えてみようかな、と思った。

 

今年は、自分に向き合う年にしてもいいかもしれないなあ。